~オリーブの香り~ No 274『泣ける喜び』

私は普段、滅多に人前で泣きません。

映画に感動してないたりはしますが、例えば悔しくて泣くとか、

嬉し泣きなどはほとんどしません。


そんな私ですが、この間教会で賛美をしているときに、勝手に涙があふれだし、止まらなくなってしまいました。

何が起こったのか理解できず、困惑するしかなかったのですが、

あふれ出る涙を止めることができず、ただただ、泣くことしかできませんでした。


最近の私は、現実のことに精一杯で、自分の信仰を見失いかけていました。

毎日、食事の前や不安があったときは祈るようにしていたのですが、

いつの間にかその祈りが決まり文句のようにただ口から出てくるだけで、心がこもっていなかったり、

まだまだ分からいこと、知らないことが多い中で、教会の奉仕をやっていていいんだろうかと悩んでいたり。


それらを取り戻すために何かをしなければ、と思っているのに、仕事などに追われてしまい、

その時間を確保できない自分に焦りや苛立ちを感じる中で、信仰そのものが見えなくなっていったんだと思います。


そんなとき、教会で『賛美礼拝』という、いつもと少し趣向を変えた礼拝が行われました。

最初にいつも通り賛美をしていたところで、涙が止まらなくなってしまいました。


自分でどうにかする必要はない、ただ私を信じなさい

あなたは何も悪くない


そんな言葉を優しくかけて、神様が私を抱きしめてくれたのかな、と後から思いました。

信仰を持つ前の自分に戻りかけていたところを神様によって、改めて救われたのだと思います。


そっと寄り添ってくださる神様とこれからも歩んでいきたいと思います。


by Hiro