〜オリーブの香り〜No 203『イエス様のユーモア』

家で、つい「語呂合わせ」や「駄洒落」を言うと、「やれやれ」という態度や、冷ややかな対応を取られることもw。(じゃあ止めろと言われそうですが。。)


先日の礼拝メッセージで松﨑牧師が、「あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。」について説明してくださいました。

「岩」というのはギリシャ語で「ペトラ」。イエス様がペトロに向かって「あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。」といったのは、ペトロとペトラという文字の語呂合わせを用いて、岩と表現されたペトロの信仰告白の上にイエス様ご自身がイエス様の教会を建てることを説明してくださるためでした。


「語呂合わせ」は、雅楽で使われていたそうで、いまではヒップホップでよく使われたりしますが、2000年前にもすでに使われていたんですね。


イエス様は、聞く人々にわかりやすいように、(あるときはあえて聞いても理解できないように、)たとえで多くのことを話されました。『豚に真珠 (マタイ7:3-5)』、『目の中の丸太(マタイ7:6)』など、イエス様のたとえ話は、身近に感じることのできる事柄を用いていることも多く、そこから神の国についてなど、私たちにとっても非常に大切なことを語っています。


イエス様は、弟子たちと一緒のとき、徴税人や罪人と食事と共にしていたときにも、人々の心に残る、そして人を優しく包み込む思いやりにあふれたユーモアをもってたとえ話を語っていたように思います。


私も、イエス様に似るものとなるため!?、気持ちが和む、優しいユーモアが言えるよう勤しむことにしましょう。


「わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。」

マタイによる福音書16章 18節

これは、JOYチャペル会堂の後ろに掲げてある聖句です。


by しん1